SE-E第1戦 SUGO ATTACK RIDE2020

オフロードバイク

2020年4月5日に、菅生スポーツランドで、アタックライド2020が開催されるようです。

これは、面白そう。

SE-E(Super Enduro East Area Championship)の第1戦となっていますが、今までのハードエンデューロの形式とはちょっと違います。

ハードエンデューロとトライアルを融合したような形式となっています。おっさんは知りませんでしたが、既に、茨城県桜川市にあるオフロードパーク白井では何度か、同じ形式で開催されているようです。

SE-E第1戦 SUGO ATTACK RIDE2020開催のお知らせ
テクニックとスピードを競う新しい形の複合競技、SE-E第1戦 SUGO ATTACK RIDE2020開催のお…

さて、レースの形式ですが、

午前中は、トライアルのような減点方式で、ハードなセクションにトライする形式です。ヒルクライムセクションとロックセクションに分かれています。

セクションによって減点方式は違っていますが、トライアルのような足つき減点ではなく、足をついてでも、走りきればOKなようです。

初心者も参加できるようにセクションが工夫されています。

ヒルクライムセクションでは、スタート位置が2か所、「ノーマルライン」と「アタックライン」があり、「ノーマルライン」を選ぶと、その時点で2点減点となります。

そのため、自分の力量にあわせて、ラインを選ぶことができます。

ヒルクライムセクションは、エンスト、転倒、バイクをおりて押す等すると」、減点5となります。

ロックセクションでは、コースマーカーでアタックラインが指定されており、そのマーカーの間を通らないと減点3になります。ここでは、エンスト、おりて押す等はOKなのですが、制限時間が1分間となっており、1分を超えると、減点5になります。

トライアルと似てるようで、違うルールになってますね。

午後からのエクストリームクロスは、何台かが同時にスタートする、エンデューロレース形式になっています。

ただし、ここでは、順位がではなく、所定の周回数を走り切ったタイムを計測します。

ここは、JECのファイナルクロスと同じですね。

エクストリームクロスのタイムに午前中の原点に3(予定)をかけたものを合計して、順位を決めていきます。

(合計タイム算出例)

セクショントライ減点1を3秒に換算(予定) セクショントライ減点33、EXクロスタイム3分50秒の場合・・・33×3秒+3分50秒=5分29秒

90分や120分全開なんていうレースは体力的にきついので、敬遠していますが、この形式なら何とかなりそうな気がします。

クラス分けも、多数あります。

中級〜上級者対象の「アタッククラス(SE-Eポイント対象)」、初心者対象の「エンジョイクラス」に加え、「ミニバイククラス」「レディースクラス」もあります。

「ミニバイククラス」は、F19インチ、R17インチまで、なので、おっさんのCRM80は、ラージホイールにしていますが、F19インチ、R16インチなので、「ミニバイククラス」に出場できます。

untitled

観戦ライドツアーというのもあるようで、スタッフのガイド・サポート付きで実際に使用するルートを走行しながら午前のセクショントライを観戦できるようです。

いろいろと、楽しめそうですね。

ただし、菅生はちと遠いので、関西(プラザ阪下とか奈良トラあたり)でもやってくれんかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました